仕事の資料案が消えた場合はデータ復旧で解決可能

周辺機器

慌てずに適切な対処をする

女の人

仕事が忙しいあまり、ついうっかりして資料が入ったフォルダを削除した、そんな体験をしたことがある方も多いでしょう。また、パソコンの調子が悪く作成していた資料が、うまく保存できずにかたまってしまい強制終了するはめになった、こんな機会に遭遇してしまうことも多々あるでしょう。このような事態に遭遇した場合、多くの方がやってしまう間違った方法がいくつかあります。

パソコンの調子が悪い時は再起動で対応している、このような対策が根付いているようですがこれは自体を悪化させる原因でもあります。確かに一時的に改善したかのように感じることがありますが、どこに異常があるのか判明していない以上、パソコンに負担がかかってしまっているのは間違いありません。再起動をかける動作に耐えれる家電もありますが、パソコンは所謂精密機械となっており、このような対策は得策だとは言い難いものです。

また、データ復旧を焦るあまり上書きしたり、データそのものにアクセスしてしまうケースにも注意する必要があります。上書きがかかっていない新規のデータであれば、負担もかからず機能に影響を及ぼすこともないのですが、データ復旧を望む場合は事態を複雑にしてしまうだけなので、いじらずに専門業者に任せておきましょう。復元ソフトも普及していますが、何度も同じようなエラーが出るなら、専門業者に依頼した方が確実でしょう。見積もりや点検なら、無料でも行なってくれるので、気になるようなら一度相談してみましょう。

社内データを共有できる

ネットワーク

レンタルサーバーの利用により、便利なファイル共有システムを利用することができます。異なる部署間でデータを共有することができるほか、スマートフォンやタブレット端末から社内データを参照することもできるでしょう。

読んでみよう

大容量ファイルを送れる

案内

ファイル送信のサービスでは、大容量の内容のファイルをメールとして簡単に相手に送ることができます。離れた社員へ詳しい業務指示を送ることや、本社から遠い工場や営業所へマニュアルを送信することもできるようになります。

読んでみよう

専用のシステムでの利点

システム

データ送信は、オンラインストレージなどのサービスで利用ができるほか、データ送信専用のシステムを利用することでもシステムの導入ができます。フォルダごとのIDやパスの設定をせずに済むことや、高いセキュリティ対策ができるのが利点です。

読んでみよう

Copyright© 2016 仕事の資料案が消えた場合はデータ復旧で解決可能 All Rights Reserved.